千葉鑑定団八千代店 ヤチカン古着 高額買取 ミリタリージャケット REAL MAcCOY BUZZRICKSONS ALPHA AVIREX SPIWAK MA-1 N-3B L-2B N-1

MA-1 N-2B B-3 等 大人気 フライトジャケット まだまだ大活躍まちがいなし!!!!!

定番でありトレンドでもある今季のミリタリージャケットだからこそ剛性の高いまたデザインもワンランク上質な BUZZ RICKSONS の MA-1 おすすめです!!!!

BUZZ RICKSON’S

バズリクソンズ

ブランドのはじまり

1993年ブランドスタート。

バズリクソンズについて

「バズリクソンズ(BUZZ RICKSON’S)」は日本のミリタリー・ワークウェアブランド。ジーンズブランドのシュガーケーン(SUGAR CANE)などを展開する東洋エンタープライズのブランド。

1993年にザ リアルマッコイズ(The REAL McCOY’S)と共同でブランドがスタートする。ヴィンテージのフライトジャケットを細部まで徹底的に復刻するブランドとして誕生。

『流行りの”MA-1”って何なのさ!』 を、調べてまとめてみた!

ファッション界で注目されているMA-1、名前を聞いても想像できない!画像を見れば形状は解るけど…そもそも結局何なんだ!?そういった疑問の答えから、由来、おすすめコーディネートまでがっつり調べてまとめてみました

そもそも何者!?”MA-1”とは

MA-1は、フライトジャケットの一種である。アメリカ軍における軍用品規格番号はMIL-J-8279からMIL-J-8279Fまでの七つ。アルファ社製のものが広く流通している

1954年に登場したアメリカ空軍のナイロン製フライトジャケット。-10℃~+10℃の地域に対応したジャケットだそう。

アメリカ空軍用規格のフライトジャケットの一種だそうです。

オーソドックスな色形はこちら
映画などで見たことがある方もいるのではないでしょうか。

主にナイロンで出来ており、外見はポケット等のパーツが少なく、とてもシンプルです。

出典ふぁっしょんROOTSヒストリー ~流行のモノとその歴史~ MA-1 〜Top Gun〜

これは、狭いコクピットの中でジャケットの出っ張りがレバー等を引っ掛けない様にする工夫なのだそうです。

出典ふぁっしょんROOTSヒストリー ~流行のモノとその歴史~ MA-1 〜Top Gun〜

特徴的な左腕部のシガーポケット以外はいたってシンプルな形状。カラーリングは青と黒と緑があり、中でもカモフラージュの意味合いから緑が主流となっている。

アメリカの軍用ジャケットがなぜ今流行ってるの?

流行のきっかけは、1986年公開の映画『トップガン』です。

出典ふぁっしょんROOTSヒストリー ~流行のモノとその歴史~ MA-1 〜Top Gun〜

出典fashionrootshistorys.blog.fc2.com

そう、流行のきっかけは
映画なのです!

あれ? 1986年って、最近の流行にしては昔じゃない?

そう思う方もおられると思います。

ご存知の方も多いかもしれませんが、実はこのMA-1ブームは
”過去のトレンドの再燃”なのです。

”バブル時代”のトレンドの再燃 その理由。

MA-1は、高度上空を飛ぶパイロットにとって
はなくてはならない 防風、防寒性に優れた、完成度の高いフライトジャケット。

ただカッコいい、だけじゃない!

ファッションは機能性だって大事です。

米国がその当時、全精力を注ぎ込んで開発したアウターになりますので、
機能美に優れ、最強の防寒性を発揮してくれます。

そんなMA-1の ”今”

最近は様々ブランドやショップからMA-1が販売され、より女性でも着こなせるようなスタイリッシュなアイテムとしても着用されている。

MA-1

MA-1ボマージャケット

MA-1は、フライトジャケットの一種である。アメリカ軍における軍用品規格番号はMIL-J-8279からMIL-J-8279Gまでの八つ。アルファ・インダストリーズ[1]製のものが広く流通しているが、他にスカイラインクロージング等の軍納入業者の物が確認されている

導入の背景

軍用機の多くがプロペラ機からジェット機に移行するに従って飛行高度も高くなり、フライトジャケットに付着した水分が氷結して乗組員の活動の妨げになることがわかったため、それまでの革製フライトジャケットではなくナイロン製のフライトジャケットが考案された。1950年代初頭に、先行するB-15型フライトジャケットの後継としてアメリカ空軍が開発したのが、このMA-1型フライトジャケット(ボマージャケット)である。

特徴

狭い軍用機内で様々な機材や機器にひっかからないよう、極めてシンプルな外見を与えられている。また、後ろ身頃の丈が前身頃(腹側)より短くなるようにされている点にも特徴がある。これは航空機のシートに座った際に、尻と腰の間に生地が挟み込まれないためである。

リバーシブル[1]で、外側はセージ・グリーン(Sage Green )というくすんだ緑色になっている。当初はミッドナイト・ブルーという青色であったが、朝鮮戦争などを経て、地上でのカモフラージュになりやすい緑色に落ち着いた。内側はインディアン・オレンジというエマージェンシーカラーの橙色になっている。

インターミディエイトゾーン用、すなわち10から-10℃の気温で着用される。フライトジャケットだがグランドクルーの防寒用ジャンパーとしても使用された模様である。縫製は極端に目の詰まった縫製が縫い目に奥のシワを生み出し、このシワがインナーライナーを固定するとともに保温効果も出している[1]

斜めにカットされたハンドウォーマー、上腕部にシガーポケットとペンホルダーを装備するなど独特のデザインになっている。

アメリカ海軍やアメリカ陸軍にも採用され、1950年代から1980年代を通じフライトジャケットの定番となった。派生型として、フードが付けられたN-2Bタイプや、更に丈が長いコートタイプのN-3Bタイプがある。

ヤチカンにも貴方のお気に入りのフライトジャケット必ずあります!!

本日雪の予報になっておりますがヤチカン古着では24時間お客様のご来店お待ちしております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で千葉鑑定団八千代店をフォローしよう!

LINE査定

利用者3000人突破!LINEで簡単査定!
写真を送って頂くだけでその商品がいくらくらいになるかすぐわかります。

使い方は簡単!友だち追加して、あとは写真を送るだけ!
最短数分で査定結果が届きます。

【リアルタイムLINE査定対応時間】
09:00~18:00